前へ
次へ

肩こりはデスクワークで多いことがわかる

肩のこりは日本人の国民病といわれて、女性は中でも体に合わないブラで余計に肩のこり抱えてる方が多いです。服脱いでブラのあとくっきり残ればきつい証拠です。ブラ小さければ体締め付けて肩の血流が悪くなって血行不良になります。それが方残りを起こしてしまいます。バストアップしようと日も短く調整し肩に食い込んでないでしょうか。首残りに待ってしまいます。アンダーバストのサイズ小さいブラは肩甲骨の下締めて、ひどくなれば肩のこりだけでなく腕のしびれも起きてしまいます。ブラをつけてるときバストは肩ひもで情報から引っ張り上げていて、この時バストの重みは方、鎖骨で支えていて、バスと大きいほど方、鎖骨へ負荷が大きいです。胸が素敵で大きい方は肩のこり起こしやすいのは困ります。胸の大きさ恥ずかしいということなら背中丸めて胸無意識で隠そうとしがちです。猫背の姿勢は首、背中の血行妨げしつこい肩こりになります。そして、二足歩行する人は首、肩のこりから逃れられませんが、大きく発達した頭を首の上の載せています。さらに長時間方緊張させるデスクワーク続けるとつらい症状が出てきて当たり前です。こうして20代のころから肩こり悩む人が珍しくなくて、毎日ストレッチをしてればひどい肩のこりだんだんやわらげられてきます。そして、背中の肩甲骨周りほぐしていって、肩こり解消できます。スマホ首という言葉聴いたことあると思いますが、ずっと前かがみになってスマホのぞいてることで首から肩こり固まってしまう状況で、首、肩はつながっていて、首ほぐしていくことで肩すっきりさせられます。そして、肩のこりひどければゆっくり寝ようと休むほうに頭いってしまいますが、有効なのは逆に肩回り動かしてほぐしていくことです。疲労が積もってくれば、どんなに自分でストレッチしても間に合わなくてプロに頼らなくてはなりません。毎日ストレッチが肩のこり解消にとても有効です。そして、肩のこりになったときの対処法はわかっていただけましたあ、パソコンのまでおなじっひ性になってませんか。オフィスワークしてる人はほとんど該当しますが、そうしたとき積極的に席たつ習慣を身につけましょう。

女医によるお身体のトータル治療

最先端のたるみ治療を天神でお届けする美容皮膚科「CDC」
HIFUによる超音波治療でたるみを身体の中から改善します

最先端の歯周病治療を受けたい方におすすめです
歯周病の原因である菌を特定し、薬で治せる治療を行っています。

目立たない方法での歯並びの矯正が可能です
透明なマウスピースを使用した目立たない矯正治療をしています。

Page Top